グラキリスの発根管理日記(水挿し/水耕管理からの植え替え)#3

パキポディウム・グラキリス(Pachypodium roslatum ssp. gracilius)の水挿しというか水耕栽培というかにより、発根を確認することができました。

※前回記事はこちら。

あわせて読みたい
グラキリスの発根管理日記(水挿し/水耕管理)#2 パキポディウム・グラキリス(Pachypodium roslatum ssp. gracilius)の水挿し?水耕栽培?を開始してから根は出たのでしょうか?? ※前回記事はこちら https://tamabot...

※次の記事はこちら。

あわせて読みたい
グラキリスの発根管理日記(水挿し/水耕栽培からの用土での発根管理)#4 パキポディウム・グラキリス(Pachypodium roslatum ssp. gracilius)のベアルート株。 水挿しというか水耕栽培により発根の後、用土での発根管理に変更しています。そ...

しかし本来なら土で育つ生き物です。

根も土で育てたいため、植え替えをしていきます。

目次

グラキリス発根管理10日目(2021/07/16)

鉢の準備

ホントは黒い鉢のほうが、鉢内の温度を上げやすいところではありますが、今回あえて透明なものを使います。透明な鉢だと、鉢内の状況が直視できるというメリットがあります。

発根管理なのに、発根状況が見えないのも不安ですし(^◇^;)

普通は根に直接光が当たると負担がかかってしまうため、そもそも透明鉢ってあまり見かけません。そこで、今回100均のアクリルカップに簡単な加工をして使いたいと思います。

パキポディウム・グラキリス発根管理に使用する容器

こんな感じのカップが6個入りで100円。

パキポディウム・グラキリス発根管理に使用する容器

よくある使い捨てのカップよりも硬めのプラスチック製なのでそこそこ強度もあります。

このまま使うと水が捌けずに蒸れてしまうため、底に穴を空けてみます。

パキポディウム・グラキリスの発根管理に使用する容器を加工

めっちゃヒビ割れした(笑)

スポンサーリンク

用土の準備

用土のベースは赤玉土。

そこに水捌け強化のために日向土とゼオライトを投下。

赤玉土:日向土:ゼオライト=6:2:2くらいの割合にしてみました。

グラキリスの植え付け

少し根が伸びてきたようです。

パキポディウム・グラキリスの発根と切断面

カットした部分は未だに変化なし…

せっかくの根を傷付けないよう慎重に…。

パキポディウム・グラキリス植え替え

どどん。

向きはこれしか配置できなかったけど気にしない。株に一番負担が掛からなそうな配置がこれだったもので…。

しっかり発根した後にちゃんとした鉢に植え替えるつもりなので、その時はもっといい角度にしてあげようかと…(^◇^;)

念のために麻紐で固定しておきます。

パキポディウム・グラキリス植え替え固定

これで当面様子を見ていきます。

グラキリス発根管理12日目(2021/07/18)

これはなんだろう?

新芽のように見えるけど…?

パキポディウム・グラキリス芽吹く

ついに土の上に降臨した斜めのグラキリス。

このまま何事もなく成長してくれるといいのですが…(^◇^;)

前回記事

あわせて読みたい
グラキリスの発根管理日記(水挿し/水耕管理)#2 パキポディウム・グラキリス(Pachypodium roslatum ssp. gracilius)の水挿し?水耕栽培?を開始してから根は出たのでしょうか?? ※前回記事はこちら https://tamabot...

SWELL

当サイトではWordPressのテーマとして、SWELLを使用しています。

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントする

目次
閉じる