Re: パンダガジュマル【丸葉】実生記録#1 

昨年12月より実生開始しておりましたパンダ・ガジュマルですが…2株とも枯らしてしまいました…(´;Д;`)

あわせて読みたい
パンダガジュマル【丸葉】実生記録#1(やっぱり発芽率悪し) ガジュマルの突然変異で葉っぱが丸く育つパンダガジュマル。 育ってみるまでホントのパンダガジュマルの種子か分かりませんが、育ててみましょう。 播種から2ヶ月の状態...

ということで、改めて再チャレンジ。

目次

ガジュマル播種(2022/03/16)

今回は11粒ほど入手。

パンダガジュマルとの言葉を信じていざ蒔いてみます。

前回枯らしてしまったのは恐らく水不足と考えていますので、今回は保水性のよい用土でいきます。

種まきの味方、ジフィーセブン

こいつをタッパーに入れて、直接掛からないように熱湯を投入。

冷ましてから表面に種子を蒔きました。

発芽まではタッパーにラップを掛けて保湿しつつ腰水

ガジュマル12日目【発芽】(2022/03/28)

播種から12日。

ようやく発芽しました。

フィカス属は種子ちっこいんでそりゃそうなんですが、芽もちっこい。

パンダガジュマル発芽

こちらも発芽。

いつの間にか少し土に埋まったのか、ひとつは頭を持ち上げようとしている最中。

パンダガジュマル発芽

さらにもうひとつのジフィーセブンも発芽してます。

アップにしているからあれですが、芽は1〜2mm程度。

間違っても上から灌水しようなんて思わないでください(゚o゚;;

パンダガジュマル発芽

ちなみにジフィーセブンは周りの包みを取って崩して使うこともできます。

むしろそっちの方が表面積を広くできるから経済的なんです。

ただ、ラップをして発芽を待っていた場合、発芽したらさっさとラップを外してしまったほうがいいんです。

ラップについた水滴は、芽にとっていいことないです

ただ、発芽がバラついた時にラップを外してしまうと、未発芽の種子の発芽率が下がる気がするのでジフィーセブンはそのまま使う派です。

発芽した分のジフィーセブンだけほかに移動して、未発芽の分は再びラップをすることができるので便利(°▽°)

ガジュマル30日目(2022/04/03)

順調に大きくなってきました。

大きくなったといってもまだまだ数mm。

ちょっとの衝撃で流れてしまいそうなサイズですが、双葉の間からは頑張って本葉を出そうとしてます(°▽°)

パンダガジュマルの芽

こちらはまさかの新たな発芽。

ラップがどうのこうの言ってた割にはラップなしでも発芽はします(^◇^;)

パンダガジュマルの芽

こちらも順調。

本葉とは違い双葉は先端が微妙に割れてます。

パンダガジュマルの芽

ガジュマル40日目(2022/04/13)

とても順調。

前回の時とは打って変わって、どんどん本葉が増えてきます。

パンダガジュマル実生苗

高湿度過ぎるのと、気温も高くなってきたのでカビも発生。

白いのカビです。

大丈夫かと思い、ベンレートかけてませんでした…。

パンダガジュマル実生苗

葉っぱが丸いんじゃないでしょうか?

いや丸いよね?(*´-`)

丸くなれ(°▽°)

パンダになれ(°▽°)

パンダガジュマル実生苗

ガジュマル48日目(2022/04/21)

ホントにとても順調。

ジフィーセブンをケチって、ひとつのジフィーセブンに複数の種子を撒いてしまったのが裏目に出るくらい順調です。

干渉し過ぎ(^◇^;)

パンダガジュマル実生苗

後から発芽した芽が完全に隠れてしまいました…。

これは流石にマズイ。

光を当ててあげなければなりません(´;Д;`)

パンダガジュマルの芽

悠々と1人でひとつのジフィーセブンを占拠しているからか、心なしが1番大きい気がしないでもない…(^◇^;)

パンダガジュマル実生苗

ガジュマル51日目(2022/04/24)

ということで植え替えました。

早い気がしないでもないんですが、光を当ててあげることに越したことはないでしょう。

パンダガジュマル実生苗

用土はこまかいタネがまけるピートパンを使います。

まだまだ保水性重視で行きます。

腰水するけど

パンダガジュマル実生苗

とはいえジフィーセブンから普通に苗を抜くのは怖いので、苗周囲の土ごと移植。

小さい苗はまとめて植えてみました。

青い水が爽やかです。

パンダガジュマル実生苗

さてこれから無事に成長してくれるでしょうか。

とりあえずは様子見です。

パンダガジュマル実生苗

ガジュマル播種から1ヶ月半まとめ

  • 発芽率64%(7/11)
  • 生存率64%(7/11)
  • ジフィーセブンに限ります…

大きくなったら塊根を形成するガジュマルとはいえ、実生直後は保水性のある方がいいようです。

よくよく考えなくても、発芽直後から幹がぷっくりし出すパキポとかとは違いますよね。

反省。

今回気温的にもちょうど良かったせいか、成長もなかなかよろしいようですが、植え替えてしまったので当分注意が必要です。

一気にパタっと…なんてことにならないようにしっかり管理していきたいと思います。

ではではまたー(°▽°)

SWELL

当サイトではWordPressのテーマとして、SWELLを使用しています。

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントする

目次
閉じる