レウクテンベルギア・プリンキピス ‘晃山’ 実生記録#1

レウクテンベルギア・プリンキピス(Leuchtenbergia principis)の実生記録。

和名では ‘晃山(こうざん)‘ と命名されています。

れっきとしたサボテン科の植物ですが、一般的なサボテンのようにまるくならないのが特徴的なサボテン。

播種から2ヶ月弱の状況です(°▽°)

目次

晃山 播種(2022/02/10)

種子をたくさん入手しました。

その数33粒(°▽°)

予定より余計に頂きました。

姿が特徴的なサボテンではありますが、種子の見た目はなんてことない普通のサボテンの種子。

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' 種子

いつものごとくメネデールに1日漬けた上で、覆土はしないで用土の表面に撒きました

数が多いので、プレステラも2鉢に分けています。

晃山 9日目(2022/02/19)

思いの外発芽に時間がかかりました。

サボテンって数日で発芽するイメージですが、コイツは1週間以上経ってから発芽。

白く見えてるのはカビじゃないですよ。根毛です。

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' 発芽

もう1鉢でもぞくぞくと発芽が始まってます。

芽は普通のサボテンと一緒?

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' 発芽

晃山 15日目(2022/02/25)

種子を蒔いてから2週間が経過しましたが、だいたい半分くらいは発芽したでしょうか。

サボテンって芽がピンクになるやつもいますよね。

成長すると普通の緑の株となんら変わりなくなりますが、この差はなんなのか誰が教えてください(^◇^;)

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' 発芽

2週間経っても発芽しきってない感じで、ポツポツと発芽が続いてます。

発芽率が高いのはいいことなんですが、発芽タイミングが揃えられるとなお良し。

まだまだ勉強です(^◇^;)

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' 発芽

晃山 24日目(2022/03/06)

そろそろ発芽しきった感じ。

まだ未発芽の種子が見えますが、ここまで発芽しなかったらここから先は難しいかと。

ただまだまだ腰水は継続するので、カビない限りはこのままにしておきます。

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' の芽

ほかのサボテンに比べて、発芽直後でも丈があります。

普通のサボテンだと、丸く育とうとするので当分小さいまんまなんですが、晃山は丈があるせいなのか、成長が早く感じます。

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' の芽

晃山 36日目(2022/03/18)

種子の殻が取れ始めました。

見た目トトロ…(゚o゚;;

なんだか色も青々してます。

まだまだ腰水ですが、皿の水を絶対に切らさないくらい厳密にはやってません。

用土の水っ気が無くならないように…くらい。

この画像撮った時も皿からは水が無くなってます。

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' の芽

完全に土が乾いてしまうのはこのサイズの幼苗には酷なので、そこだけ注意が必要です。

少し頭の上に毛が生えてきた株もチラホラ。

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' の芽

晃山 49日目(2022/04/03)

ほとんどの株に髪が生えました。

少し丈が長いくらいで、成長する順番はやっぱり普通のサボテン。

これで晃山じゃなかったらどうしよう(゚o゚;;

これも実生の楽しみ。

成長するまでなんだかわからないのも良いです

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' の芽

ここまでの成長はなかなか良いのではないでしょうか。

とはいえまだまだ当分腰水継続。

レウクテンベルギア・プリンキピス '晃山' の芽

晃山 播種から2ヶ月弱まとめ

  • 発芽率79%(26/33)
  • 生存率79%(26/33)
  • 発芽には少しもたついた
  • サボテンにしてはなかなか成長してくれる

8割近くが発芽して、ロストした株はなかった(たぶん)ので、なかなか良いスタートが切れました。

サボテンはけっこう発芽率が良いので精神的にはよいです(^◇^;)

そしてその中でも晃山は成長も早そうな予感。

これから気温も高くなってくるので、さらに成長してくれることでしょう。

ではではまたー(°▽°)

SWELL

当サイトではWordPressのテーマとして、SWELLを使用しています。

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントする

目次
閉じる