アデニウム・アラビカム 実生記録#1

アデニウム・アラビカム ‘タイニーベル’(Adenium arabicum ‘Tiny Ding Dong’)の実生記録。

播種から1ヶ月の記録。

目次

播種(2021/05/02)

5粒ほど、種子を入手しました。

アデニウムは砂漠地帯に自生するとのことで、水捌けがよい用土が好ましそうです。

パキポディウムなどと同様、用土はいつもどおりにしました。

赤玉土にゴールデン培養土。
それにバーミキュライトを添えて。

むっちりした種子を、用土表面にめり込ませておきました。

4日目(2021/05/06)

4粒ほど発芽しました。

むっちりした種子からむっちりとした芽が出てます。

なんだかツルッとしてて、むっちりしてて、ずいぶん可愛らしい赤ん坊みたいな表面です(〃ω〃)

5日目(2021/05/07)

たった1日でものすごい勢いで成長しました(笑)

じーっと見てたら伸びてるのが目で見えるんじゃないでしょうか∑(O_O;)

なんなら種子の殻も既に脱ぎ捨てた輩がいます(笑)

それにしても既にこのむっちり感…たまりませんなぁ(;´Д`A

8日目(2021/05/10)

さらに成長しました。

ここまで成長が早いと、気持ち良くもあり、びっくりでもあり、です(^◇^;)

タイニーベルということで種子を入手したのです。矮性品種…のはずです。

それにしても1株うまく根が潜れませんでしたね。バーミキュライトだと軽すぎて、植物を支えきれないのはそのとおりなのですが、その下の用土に上手く潜れない問題は他の植物でもあるので、今後何か対策が必要そうです。

13日目(2021/05/15)

長さ方向への成長は少し鈍化してきました。

代わりに葉を展開し始めていますね。

このまま長く伸びたらどうしようかな…

そしてお気づきでしょうか…。

1番右の株の後ろにコッソリと、発芽していなかった子が成長していることに…(笑)

何をキッカケにスイッチ入ったのでしょうか??(^◇^;)

スポンサーリンク

19日目(2021/05/21)

長さの成長は一時止まりました。

葉が順調に増えています。

なんとなくこのくらい茎が太いと、根拠のない安心感があります(^◇^;) ひょろひょろしていると、突然倒れてしまうので(゚o゚;;

23日目(2021/05/24)

全体的に成長が鈍化してきた…?

葉に水滴付いていますが、ここまで蓋付きのケースの中で腰水をしているため、相当な高湿度環境で育てています。

成長も落ち着いてきたので、そろそろケースからの卒業を考えてもいいかもしれませんね。

30日目(2021/05/31)

とは言いつつまだまだケース付きの環境でぬくぬくと育てています。

この潤った肌感が堪らないんです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

美味しそうにすら感じます。

食べたら青臭そう…

38日目(2021/06/08)

大きな変化は見られなくなってきました。

どんどん長くなってきた頃が懐かしい…(笑)

ただ1ヶ月でここまで成長するとは立派なものです(*゚▽゚*)

40日目(2021/06/10)

最後に発芽した株も葉を展開し始めたので、そろそろ常湿の環境に移行しようかと思います。

移行の判断を誤って、水分を過剰に供給し過ぎても、ロストする要因となってしまうので(^◇^;)

常湿環境への移行結果は、次回報告します!

播種から1ヶ月まとめ

  • 発芽率100%(5/5)
  • 生存率100%(5/5)
  • 10日以上経ってから発芽もあり
  • 発芽直後から上に伸びる

ではではまたー(°▽°)

SWELL

当サイトではWordPressのテーマとして、SWELLを使用しています。

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

ブログ村PVランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

コメントする

目次
閉じる